メニュー

額田悠久の歴史 - 安土桃山時代

1249年佐竹宗家5代秀義の2男義直から額田城を本拠地として、北に佐竹宗家、東に石神、南に江戸の群雄割拠の時代を迎えた。山入氏との分家連合、石神 合戦、伊達小野崎の密約等を経て、額田340年の戦いは続いた。その城主がそれぞれの寺社仏閣を庇護し、信仰心が領民に浸透していく。現在に至っても当時 の流れをくむ寺社仏閣があるのがまさしく凄い。安土桃山は額田城の項目でご覧下さい。安土桃山の時代は戦国大名と言い、それ以前の大名は守護大名と言った。室町幕府によって任命されていた。

額田小野崎氏

額田小野崎氏

額田小野崎氏は秀郷流藤原系小野崎氏といわれる。佐竹義憲は小野崎通綱の子通重を額田氏の後にいれ、額田城主とした。しかし、通重には子がなかったため、江戸通房の子通栄を養子として跡を継がせた。元は太田城主太田大夫といわれ、通延を祖とした。その子通成は佐都荒大夫を名乗り、その子通盛が小野崎郷に入り、小野崎を名乗った。その額田小野崎氏は2代目にして江戸氏の血が入るも江戸氏秀郷流藤原氏の流れで那珂氏から江戸氏となり、水戸を治めた。小野崎氏は宗家が北茨城山尾にいて山尾氏を名乗る。石神城主は小野崎氏であり、石神合戦は親戚同士の戦いであった。

額田城

額田城
小野崎昭通が最後の城主として伊達政宗と関わりをもつ。詳細は額田城の項目参照。
江戸時代の小野崎昭通は水戸家に仕え、照通(久兵衛)と改めらる。

下剋上の時代

守護大名は室町幕府から任命された大名のことです。一方、安須千桃山の時代は戦国大名は幕府と関係なく、実力で大名になった人たちでした。つまり、実力さえあれば大名になることができる時代でした。
“剋” という字は、「負かす・制する」という意味で、「下剋上(げこくじょう)」という言葉は下の者が上の者に打ち勝つという当時の風潮です。