メニュー
最新情報
2016年02月02日(火)

茨城那珂市の観光地額田へ太田一高OBが視察

昨日、額田城址に太田一高卒業50周年実行委員会のメンバーが15名が訪れた。額田城跡の撮影のためである。案内は観光ボランティア那珂のメンバーである。額田城にとって、常陸太田との関わりは古くからであり長い。額田城創建は佐竹氏であり、家臣団も内桶氏や永井氏は常陸太田に住んでいる。薩都神社元宮司戸祭氏、金砂神社宮司も中嶋氏である。白鳥山梅照院も江戸中期額田より移っている。額田城主の後半170年も常陸太田瑞竜の小野崎氏である。時宗常念寺は墓地は阿弥陀寺となりにあるが廃寺となり、浄光寺に合併された。このように常陸太田市と歴史的にかかわって来たことを説明した。