メニュー
最新情報
2019年07月24日(水)

太鼓屋さんを訪ねた。 日本太鼓の製造張替え販売の店だ。

はじめて太鼓の製造販売の店を宮崎昇一君と尋ねた。子供たちに祭り太鼓を教えている宮崎君と水戸の平須の小松屋太鼓店を訪ねた。びっくりした。欅の太鼓は欅を伐採し、削り、寝かせて10年以上も陰干しするのだそうだ。根気のいる仕事なんだと思った。「これは使い古しなんですか」「違うよ、材料を寝かせてあるんだ。今からこれを削り新しい太鼓をつくる。」あーあ、そうしないと割れたりしていい太鼓が作れないしいい音が出ない。手間がかかるんだね。太鼓師の匠の裏技を見た気がした。牛皮の皮も寝かせるのだそうだ。そして、祭り太鼓として素晴らしい音を出す太鼓になることを知った。